日本人の心、鍋料理。どうして私達はこんなにも鍋が大好きなのか?

冬と言ったら鍋料理。冬に鍋料理を食べないという人はいないと言っても過言ではないほど、寒い時期に鍋料理を食べるという人は多いことでしょう。今も昔も変わらず鍋料理は人気があり、鍋料理専門のお店もあるほど多くの方に好まれている料理です。ここでは、鍋料理について詳しく説明します。

鍋料理の始まり

近代以前の日本の住居には、台所にある竈とは別に調理のほか照明や暖房を兼ね備えた囲炉裏が用意されていることが多く、煮炊きした料理を取り分けて食べるということは17世紀の中頃に、記録されていたそうです。18世紀後半になって、囲炉裏の無い町屋や料理屋では火鉢やコンロを使用した「小鉢仕立て」という少人数ようの鍋が提供されたそうです。そのため、直箸で鍋を食すという今ではよくみる鍋料理が発達しました。明治時代に入ると、カセットコンロなどの発明と復旧により家庭で鍋料理を盛んに食べられるようになりました。

鍋料理の種類

一言で鍋料理といっても、種類が豊富にあります。ほとんどの方が鍋料理と言ったら、すき焼き・おでん・寄せ鍋・しゃぶしゃぶ・ちゃんこ鍋などを思い浮かべるのではないでしょうか。鍋料理の種類について少し説明をしたいと思います。

カニ鍋

冬が旬のカニと、冬に食べたくなる鍋料理は相性ばっちりです。
また鍋にはカニの甘い出汁がしっかりとでるため、締めは雑炊にして食べても美味しく召し上がることが出来ます。また雑炊に残りのカニを混ぜて食べてもいいでしょう。みんなで仲良く、カニ鍋をつついてみてはいかがでしょうか。

ふぐ鍋

ふぐが嫌いという方は少ないのではないでしょうか。ふぐはどんな料理でも美味しいですよね。ふぐ刺し・ふぐの唐揚げ、そしてふぐ鍋です。ふぐ鍋は関西の方では「てっちり」とも呼ばれています。ふぐ刺しと同様にポン酢で食べることの多いふぐ鍋ですが、江戸料理では醤油と砂糖で作ったタレで食べることがあるそうです。

豆乳鍋

豆乳鍋は、女性が喜ぶ鍋料理ではないでしょうか。ヘルシーで美容にもいい豆乳鍋は、近年若い女性の間で人気のある鍋料理です。豆乳鍋を楽しんだ後の締めに、豆乳のカルボナーラや豆乳のチーズリゾットにして食べる人が多いそうです。カルボナーラやチーズリゾットとして食べられることを考えると、色々な味を楽しむことが出来きるため、豆乳鍋もいいかもしれませんね。

キムチ鍋

寒い日にはピリ辛味のキムチ鍋で、体の芯から温まるということもいいかもしれませんね。キムチ鍋は「キムチチゲ」とも言われることが多いです。締めの料理では、トッポギを入れたりキムチペンネアラビアータにしたりするそうです。またキムチチーズフォンデュも人気があります。

鍋へのこだわり

みんなで楽しく鍋パーティーをしている中に、必ずと言っていいほど1人は鍋料理へのこだわりがあるという方がいるのではないでしょうか。「白菜は芯から入れなくてはいけない」という方もいることでしょう。みんなで楽しくすごす鍋パーティーで争いごとは避けたいものです。楽しく過ごすためにも誰がどの係か、決めておくのも一つの手といえるでしょう。

鍋将軍

鍋将軍は、鍋料理の仕切り役です。自分の好きなように鍋に具を入れることが出来ます。鍋へのこだわりが強いという方は、この役を引き受けるといいかもしれません。初めの鍋作りから最後の締めまで、鍋将軍に任せるといいでしょう。

灰汁代官

鍋料理をしていると、どうしても上に灰汁が溜まってしまいますよね。灰汁代官はその灰汁を取る係のことをいいます。灰汁を取る作業が楽しい、好きだという方に任せるようにしましょう。

待ち奉行 / 待ち娘

待ち奉行と待ち娘は、鍋料理ができあがるまで一切手をだしません。鍋が出来上がったら、ただ食べるだけの係です。何もしたくないという方にこの役はぴったりです。鍋へのこだわりもなく、ただ食べていたいだけの人はこの役になるようにしましょう。

おわりに

昔から食べられてきた鍋料理、今では種類も豊富でどんな食べ方をしても正解でしょう。鍋料理の種類によって締めの料理も異なり、さまざまな味で楽しむことができます。寒い冬に大人数で鍋を囲んでみてはいかがでしょうか。

参考サイト

日本の食卓文化考