日本人なら知ってて常識!それぞれの鍋の違いと歴史

今では当たり前のように食べられている鍋料理。鍋料理と言っても今では数えられないほどの種類の鍋料理があり、昔から多くの人に好まれています。
そもそも鍋料理とはいつから作られ食べられるようになったのでしょうか。ここでは、鍋料理の歴史についてお話します。

鍋料理の歴史

時の発明とともに鍋料理が始まりました。縄文時代には家族で鍋を囲むという文化がすでにあったのです
しかしこの時代の鍋料理は、わたし達が想像するようなものではなく、汁物や煮物料理が多く作られていました。また鍋を直接箸でつつくという行為はせず、取り分けて食べていたそうです。

みんなで鍋に箸をつつくという現在のスタイルである食べ方は、江戸時代末期から明治ごろから始まったと考えられています。

江戸時代の鍋料理

この時代には、持ち運び可能な七輪という鍋が普及していたそうです。

鍋を煮込みながら食べるというスタイルが流行し、現在の湯豆腐を始め鍋料理の種類も豊富に揃えていたそうです。

この頃に流行していたものが「小鍋立て」と言われるもので、直径20cmほどしかなく少人数や一人で食べることが多かったそうです

明治時代の鍋料理

明治時代に入り、禁止されていた肉食が奨励されるようになりました。そのため明治時代では、醤油・味噌など味の種類もさまざまな牛鍋が流行しました
そして牛鍋の流行と同時に、東京・横浜を始め牛鍋屋が開店しました。牛鍋は「安愚楽鍋」に記載されており、文明開化の象徴的な存在として流行していたと言えます。
またこの牛鍋は現代では「すき焼き」と同じように扱われることが多いのですが、すき焼きの歴史は牛鍋よりも古く、江戸時代だと言われています。

現代の鍋料理

石狩鍋やきりたんぽ鍋などの郷土料理もたくさんあり、郷土料理の地域に限らず全国的に食べられるようになりました。現代では100種類を越える鍋料理の種類があると言われています。カレー鍋やキムチ鍋といった具材に味付けに決まりはなく、バリエーション豊かで好きなように食べられるものが鍋料理です。
また1種類の鍋料理に限らず、2種類のスープを楽しめる火鍋などの鍋が現れたことで、1度にさまざまな鍋料理を楽しめるようになりました。

意外と知らない定番料理の歴史

水炊き鍋

水炊き鍋

水炊き鍋には「博多煮」という別名もあり、福岡県の郷土料理で、中華料理の鶏ガラスープを使用した料理が発祥と言われています。じっくりと炊き上げた白濁スープが特徴的で、このスープで煮た具材をポン酢や柚子胡椒といったさっぱりとしたタレで食べるというのが一般的になっています。
意外と知られていませんが、水炊き鍋には食べる順番にきまりがあります。スープを味わい、煮込んだ鶏肉を食べたあとに野菜を入れ、最後のシメに雑炊やうどんを味わうという食べ方です。

ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋とは、鍋以外の食事でも力士が作れば「ちゃんこ」と言われることをご存知でしたか?
明治時代以降の料理で栄養豊富、調理が簡単という理由からちゃんこが鍋料理を中心とするものになったそうです。ちゃんこ鍋には鶏ガラの出汁ものが多くありますが、鶏が2本足で立つ姿から「土に手をつけない」「相撲で負けない」ということを連想させ、縁起を担いでいるといわれています。

もつ鍋

もつ鍋

九州博多の名物であるもつ鍋は、終戦後にアルミ鍋でもつを煮たことが始まりと言われています。ニラやキャベツなどの野菜を使用し、にんにくやトウガラシが入ったもつ鍋は「医者要らず」と言われるほどスタミナ豊富の元気のでる鍋料理です。

おわりに

鍋料理が昔から食されていたことがわかります。また鍋料理の種類も時代が変わるにつれ増えていったようです。鍋料理の種類によって歴史にも違いがあるということがわかることでしょう。

参考サイト

紀文食品