鍋上級者はみんなこだわっている!専用鍋の秘密を知ろう

鍋料理を作るときに、どんな鍋を使うか意識したことはありますか?鍋料理は「出来上がれば何でもいい」わけではありません。美味しく鍋料理を召し上がるためには、雰囲気も大切だと思いませんか?また専用の鍋を使うことで、鍋料理の味もグッと格段に変わります。専用鍋を理解しておくのもいいかもしれませんね。

専用鍋の種類

基本の鍋

浅くて口が広く、底が適度に丸くなっている土鍋が基本の鍋と言われています。この鍋は寄せ鍋・水炊き・ちり鍋など幅広く使うことができます。炊飯といった他の料理にも利用できるので、この鍋が1つあると便利かもしれません

おでん鍋

おでん鍋には仕切りがあり、綺麗に分け並べることが出来ます。この仕切は取り外し可能なため、ほかの鍋料理としても利用できます。またおでんは具材には相性があるため、仕切りを使って相性のいいネタ同士を並べるとよりおでんがおいしくなります

すき焼き鍋

肉は広げて焼き、具材は並べて煮るため鍋の深さは必要ありません。底が平らになっていて、熱伝導と蓄熱性が良く、厚い鉄鋳物がすき焼き鍋に最適と言われています。

うどんすき鍋

うどんすき鍋は、うどんを取り分けやすいようにフチが平らになっています。フチが平らでない鍋の場合、うどんが内側や外側にツルンと滑ってしまう事があります。アルミ製品が多く、底が丸くなっていて熱伝導に優れていることが特徴的です。

しゃぶしゃぶ用鍋

ドーナツ状で真ん中が、煙突のように突き出ている形をしている鍋がしゃぶしゃぶ用の鍋です。この形の理由として、鍋の表面積が増え、しゃぶしゃぶをしている時でもお湯の温度が下がりにくいということです。

ジンギスカン鍋

真ん中の部分が盛り上がっている特徴的な形状をしています。表面には溝が刻まれていて、タレが流れやすいようになっています。盛り上がっている部分で肉を焼き、野菜はフチの部分で焼きます。

鍋の素材

土鍋を持っているというご家庭が多いことでしょう。土に記法がたくさん含まれているため、蓄熱性が高いことが特徴的で、具材にゆっくりと火を通すため、肉・魚・野菜の旨味をうまく引き出してくれます。手入れのポイントとして、使用したらよく乾かすようにしましょう。そして使いはじめる前には、お米のとぎ汁、または小麦粉を混ぜた水を入れ、弱火で10分ほど煮るとお米や小麦粉の粘りが染み込み、ひび割れを防止します。

土鍋と並ぶほど、日本人に馴染みのある鍋といえるでしょう。鉄鍋の特徴として、熱伝導率や蓄熱性が高く、油がよく馴染むということです。
特に岩手県産の南部砂鉄の鋳物鍋は、厚手で火の回りが安定しているため、すき焼きには最適と言われています。

アルミニウム

アルミニウム製の鍋は、熱伝導性の良さから「うどんすき鍋」や「おでん鍋」として使用されることが多いです。丈夫で軽いため楽に扱うことが出来ます
しかし酸やアルカリに弱いという性質があるため、注意が必要です。

厚手ステンレス

蓄熱性が高く、安定した温度を保てるということが厚手ステンレスの特徴で、手入れが楽ということも人気の理由です。
またIHにもかけられるため、長時間煮込む必要のある鍋やすき焼きに使用することが出来ます。

専用鍋と素材の特徴を抑えて最高に美味しい鍋料理を目指そう

ただ専用鍋を買えばいいと思わず、専用鍋と素材の関係性について理解しておきましょう。例えばすき焼き鍋を購入しても、素材がすき焼きに向いていない場合、美味しさが半減してしまうこともあります。専用鍋で素材も、作りたい鍋料理にぴったりのものを選べば、味もグッと格段に上がることでしょう。

おわりに

ただ鍋料理が完成すればいいとは思わず、使用する鍋にもこだわってみてはいかがでしょうか。鍋料理と相性の良い鍋を使用することで味もグッと格段に変わること間違いないでしょう。

参考サイト

おかとめ商店