野菜を制するものが鍋を制す。健康にいいバランスに優れた鍋とは

鍋料理には、お肉や野菜が入れられていて色取りよく、一見健康に良いバランスのある食事だと思うことでしょう。しかし本当に栄養バランス良く食べられていますか?栄養バランスの偏った鍋料理を食べてはいないでしょうか。意外と偏った鍋料理を食べているという方が多いです。

健康のためにもバランスよく栄養が摂れ、おいしい鍋料理を知っておくのも良いかもしれません。

色による健康法

まず1つ覚えていてほしいことは、色による健康法です。色は、赤・白・黄・緑・黒の5色に分かれます。この5色に分かれた食材を上手く取り入れることで、栄養バランスの良い食事ができます。ではこの5色の食材について説明します。

赤系の食材

赤色の食材には、鶏肉・牛肉・豚肉・ニンジン・鮭・タコ・エビなどのお肉・赤身魚・赤い野菜があります。他にも赤味噌も赤色の食材として扱われています。

白系の食材

白色の食材には、カニ・イカ・白身魚・豆腐・大根・ネギ・白菜などの良質なタンパク質を多く含む白身魚に淡色野菜があります。
またシメなどによく使われるご飯やうどんも白色の食材として扱われています。

黄系の食材

かぼちゃ・生姜・レモン・ゆず・揚げ袋・たまご・たけのこなどが黄色の食材として挙げられます。この黄色の食材にはビタミンが豊富に含まれているものが主に選ばれています。先ほど赤色で赤味噌を紹介しましたが、普通の味噌は黄色の食材に含まれています。

緑系の食材

万能ネギ・ほうれん草・レタス・春菊・三つ葉・ブロッコリーなど、体の機能を整える働きのある、ミネラルやビタミンが豊富に含まれている食材が緑色に挙げられます。緑黄色野菜が中心に選ばれています。

黒系の食材

低カロリーで食物繊維やミネラルが豊富に含まれている食材が黒色に選ばれています。主に、椎茸・こんにゃく・わかめ・昆布・まいたけ・しめじなどが挙げられます。これらの食材は意識して食べなくてはいけない食材とも言えるでしょう。

栄養効果が期待できる3つの鍋料理

先ほど紹介した5色の食材を意識していれば、どんな鍋料理でも栄養バランスの整った食事ができることでしょう。
しかし「そんなの覚えたくない」と思ってしまう面倒くさがりのあなたには、初めから栄養バランスの整っている鍋料理を3つお教えします。

1.トマト鍋

トマトに含まれるリコピンの力は絶大なものです。さらにこのリコピンは、加熱することで量が増えるため、鍋料理トマトは最適です。
またポイントとしては、生のトマトよりもトマト水煮缶などの加工品などのほうが効率よくリコピンを摂取できます。

2.コラーゲン鍋

美肌効果や若返り効果など、女性には嬉しい効果が期待できるコラーゲンが多く含まれたコラーゲン鍋です。このコラーゲンは鶏肉やあんこうにも含まれていて、理想としては骨付きの鶏肉をそのまま煮込みたいところですが、簡単に済ませるならばコラーゲン入りのスープなどを使用するのも1つの手です。

3.水炊き

鶏肉を使用する水炊きは、コラーゲンが豊富に含まれています。またこの水炊きに、春菊やネギなどの食材と一緒に食べることで、体内へのコラーゲンの吸収率を高めることが出来ます

おわりに

「鍋料理はお肉と野菜が沢山入って健康にいい」と思っていても、意外と栄養バランスの偏った食事をしていたという方も多いです。バランスの良い鍋料理を食べるためにも、赤・白・黄・緑・黒の5色に分かれた素材を意識するようにしましょう。5色に分かれた食材を意識するだけで、栄養バランスの整った鍋料理を食べられること間違いないでしょう。5色もある食材なんて覚えたくないと思っている方は、栄養バランスの整ったトマト鍋・コラーゲン鍋・水炊き鍋を食べるようにすると良いかもしれません。

参考サイト

メディマグ